オークラのオークション

MHです。

ホテルオークラの旧本館の家具、備品などのオークションが始まりましたね。

開業時からの内装を利用して製作した商品なども販売しているそうです。 

http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/charity/ 

クラシックホテルファンの一人としては、東京ステーションホテルの改装の時も寂しかったですが、ホテルオークラのリニューアルに関してもやむを得ない事情とはいえ惜しい気持ちです。

ホテルオークラは、海外発で取り壊し反対の運動が起きてたみたいですね(ボッテガのクリエイティブディレクタートーマスマイヤー氏とか・・)。

 http://www.bottegaveneta.com/jp/collection/japan-s-modernism-architecture_grd16971

多くの日本人が気づかない、日本の美しさが存在するということですね。 

現在のホテルオークラの一部を継承してゆくとのことですし、改装後のホテルオークラを楽しみにしています。 

 

前々から申しておりますが、MHはインテリアに関しては古今東西ジャンル問わず「インテリア」というカテゴリーがとても好きです。

なので、流行っているいない、流行遅れ云々ということを超えて、いろいろなインテリアが好きです。

高度経済成長期に建てられたレットローな昭和感すごい団地やイケイケのバブルの塔(マンションね。)なんかも今でも、なんか、こう、シブイというか、いいなーと。文化的価値を感じたりします。

 

その時代の人が感じていた価値観、過ごしてきた時間、存在した思いがほんわか伝わって来る気がします。

 

ホテルオークラのオークション気になる方はどうぞ。↓

http://reu.auctions.yahoo.co.jp/project?id=1001

http://t.pia.jp/feature/memorialgoods/hotelokura/