耐震性・耐久性・耐火性に自信があります!

あなたと家族を守る住まい。
クラフトホームが造りあげる住まいは耐震性・耐久性・耐火性に最高ランクに安全性を徹底しております。

 

【耐震性】

<POINT1>
 最高ランクの耐震等級3をクリアする構造

クラフトホームの家は、住宅性能表示制度で最高ランクの「耐震等級3」が取得できる工法を採用。耐震等級3は、震度6強~7の1.5倍の規模の地震に対抗することができる程度の強さを示しています。

 

<POINT2>
 震度7でも安心の家

地震に備えるため、構造壁にダイライトMSを標準で採用。地震の力を壁全体で吸収し、分散させます。同仕様の家が、2006年9月の振動実験で震度7でも耐えると証明されました。

 

<POINT3>
 強い耐震性を発揮する構造

さらに、先進の試験装置で実験を重ねた、優秀な耐震金物を使用しています。
基礎と土台と柱、梁と柱など、部材の要所を補強することで、耐震金物が梁と柱をしっかり繋ぎ、よりいっそう強い耐震性を発揮します。

 

【耐久性】

<POINT1>
 家を長持ちさせる安心工法

構造壁の内部に空気の通り道を作る、金具留外壁通気工法によって、結露の原因になる湿気を外へ追い出します。柱や梁などの腐敗も防ぐので、家をいっそう長持ちさせます。

 

<POINT2>
 1階と2階をしっかり繋ぐ床

「剛床(ごうしょう)」工法を採用。厚さ24mmの構造用合板と床を一体化し、地震の横揺れからゆがみやねじれを抑制。歩行時の床のたわみが小さく、床鳴りもしにくいです。

 

【耐火性】

<POINT1>
 火がまわりにくい壁

もし万が一、火災が起きた場合も当社の家は安心。構造壁のダイライトMSが燃えにくい無機質素材だからです。火のまわりを遅らせられるので、比較的余裕を持っての避難が可能です。